ホーム 製品 ソリューション ▼ ヘルスケア 歯科医院 商業施設・オフィス 福祉施設 リサーチ 事業案内 画像ライブラリー 施工事例 お問い合わせ
 
APERTURE スカイシーリング

Sky Factory Aperture

Portals to Open Sky


Aperture SkyCeilings™ は私たちの空間認知能力に特有の変化を起こす事で見る人が弊社の製品を単なるインテリアの空では無く、本物の空であると錯覚するまでに昇華させることができます。

格子の無い窓

始めにAperture SkyCeilings™の内部構造として今までスカイタイル間に設置されていたグリッド天井を取り除くことで障害のない広々とした空を演出することができます。 グリッド天井を取り除いたことでスカイタイルの表面が実際にどの高さにあるのか人の認識が曖昧になります。その誤認識は人がより空間の広がりを感じる助けとなります。

グリッド天井を取り除いたことでスカイタイルの表面が実際にどの高さにあるのか人の認識が曖昧になります。その誤認識は人がより空間の広がりを感じる助けとなります。

隙間

二つ目に、Aperture SkyCeilings™は外縁のフレームとスカイタイルの表面を少し離すことでフレームとスカイタイルの間にわずかな空間を作ります。この空間は人が中心より外からAperture SkyCeilings™を見上げるときに三日月型の空間となって現れます。

しかし、このわずかな空間がある事で人がAperture SkyCeilings™を真下から見上げるときには自身が双眼鏡をのぞいて空を見ているような効果をもたらします。見る人は自身とスカイタイルまでの正確な距離や、スカイタイルの表面の正確な位置の把握が難しくなります。これらは見る人々をスカイタイルに組み込まれている内容(より本物の空と思わせるための要素)により集中させるのに役立ち、結果、人が広大な空の下に居るという誤認識を働かせる助けになります。

両方とも、この空間の曖昧さが「イメージ独特の青さ」や「空の広がりを認識させる為の構成要素」「どこから見ても境目がない」など他の様々な要素と組み合わさる事で脳の知覚能力に確かな誤認識を引き起こすのです。

Aperture SkyCeilings™はこの三つの構成要素に画期的な変更を加える事でより確かな誤認識(バイオフィリックイリュージョン)を生み出すのです。

見えない反射板

三つ目に、見えない機器の境界線がこのAperture SkyCeilings™の特徴です。縁がスカイタイルの表面を反射することにより空と機器の境界線を見えなくします。この事によりスカイタイルの端がどこにあるか明確に捉えさせません。

これら三つが合わさる事により、人が真下からAperture SkyCeilings™を見上げると明確な空の奥行き を感じ取ることができます。また、真下以外から見ても空が横に広がっているように見えます。結果として境目のない広大な空を演出することが出来ます。

Aperture SkyCeilings™のスカイタイルは周りの縁から浮いている様に見えます。これが空をより広く見せます。

円形と楕円

Aperture SkyCeilings™は初の境界線のない円形と楕円デザインのスカイライトです。円形はサイズが3種類あり、楕円は22種類あります。

主な利点

  • 広大な空へと続く扉を作り出します。
  • 自然を再現する事で室内に溶け込みます。
  • 人工的な日光を閉鎖空間にもたらします。
  • 違うサイズのものと組み合わせる事でこれまでにないガイド灯や天井デザインとなります。

特徴

  • 円形の縁の上に浮いている格子のないスカイタイル
  • 格子の無い円形ー0.9m、1.2m、1.5mのご用意があります。
  • 格子の無い楕円—1.2m x 1.8m、1.5m x 2.4mのご用意があります。
  • EcoPlusに使用しているL E Dバックライトシステムを使用。(6500K)

Aperture Skyceilingsの仕組み

1. LEDライトシステム
Aperture SkyCeilingsはエコプラスで使用しているバックライトLEDが特徴であり、日光と錯覚させる光を提供します。(6500Kの色温度と互換性があります。) エコプラス照明

2. ルミナス スカイタイル (イメージパネル)
円形または楕円形、ポリカーボネートで軽量のイメージパネル、真昼の光で照らせれてるかのように調整された高画質なデジタルイメージ。 画像ライブラリー

3. サイドウォール
このイメージパネルの外周に位置する壁は光を反射する事により、人が認識するパネルと壁の境界線を曖昧にする事が出来ます。

4. フレーム
耐火MDF、ホワイトマット仕上げの触媒変換ニス。

5. 天井

6. 隙間ー見上げた時
(真下から見上げた時の視点)
Aperture SkyCeilingsを真下から見上げる時でも、この隙間を認識する事が出来ます。この空間は擬似的な空の演出に深く貢献しています。

この空間自体はパネルと外縁フレームとの空間に過ぎませんが、この空間がある事で脳が空間認識の相違を生み出します。

この誤認識は私達の認識機能の習慣に基づくものでLuminous SkyTile(イメージパネル)が空間の広がりを演出する事でイメージパネル自体を空であると結論付けるのです。

7. 隙間ー斜めから見た時
(中心からズレた時の視点)
Aperture SkyCeilingsを製品の真下以外の場所から見た時、この隙間は三日月型に見えます。

設置する高さ、スカイタイルとそのイメージの性質、内壁の反射特製、これらの要素が合わさる事で空の端っこ(物理的な機械との境界)を見る事が出来ません。

文字通り縦と横に広がる空間を見る事で私達の脳はそこに確かな空間の広がりを認識し、実際に境界線のない空を見ていると体験するのです。 Documentation

値段や御見積、その他のご質問はこちらまで。

お問い合わせ

Sky Factory Japan
HSD Japan合同会社


Email: info@japan.skyfactory.com
Website: www.japan.skyfactory.com
電話:050-3645-7999
住所:〒270-1432 千葉県白井市冨士151-2-129
お問い合わせ

SNS